【感想】柳宗理記念デザイン研究所(石川県金沢市)

柳宗理記念デザイン研究所感想

柳宗理のデザインが好きなので行ってきました。バタフライスツールにも座れた!(^^)


アクセス

私はバスで行きました。橋場町で下車。近くに『ひがし茶屋街』があるので、そこに行った帰りに寄るのもいいかも。

私が行った日は同じバスの人の9割以上が『ひがし茶屋街』方面へ行ったので、柳宗理記念デザイン研究所は一人でのんびり見ることが出来ました。

金沢文芸館

近くには『金沢文芸館』『ギャラリー三田』『金沢蓄音器館』、喫茶店『カフェフレール』などレトロスポットがあるので街歩きしても楽しいです。

カフェフレール金沢感想

↑カフェフレール。ステンドグラスが素敵な落ち着いた喫茶店でした。ランチのハヤシライス美味しいー!コーヒーも美味しいー!


柳宗理記念デザイン研究所

柳宗理記念デザイン研究所感想

入場無料。展示スペースもワンフロアとそんなに広くないので、わざわざここに来るために金沢へ・・・とはなかなかならないと思いますが、観光のついでに寄るなら柳宗理のデザインをたくさん楽しめる魅力があります。

柳宗理と言えば、バタフライスツール!

展示品には直接触れても良いとのことだったので(展示品のほとんどが市販されてる物)初めて座る事が出来ました。これがバタフライスツールの座り心地!

あとはとにかく、柳宗理がデザインした物が欲しくなりました。(笑)日常に取り入れたい、家具や雑貨がたくさんあったので。この場所は、ショールームでもありますね。特に欲しいな、と思ったのが

鏡!

シンプルで美しいです。枠がしっかりしてるので、壁に掛けるととても映えます。きれいな丸型も良い。(*´ω`*)


終わりに

金沢道路煙突

『柳宗理記念デザイン研究所』の隣では、金沢美術工芸大学の学生の展示があり「実際に商品化して欲しいな~」と思いながら見てました。

その後、金沢駅に向かって街を見ながら散歩しました。写真はその途中で見つけた謎の煙突??道路から出てたんですが、一体何なんだろう?

スポンサーリンク
スポンサーリンク