鉄道好きも喫茶店好きも楽しい!珈琲駅ブルートレイン(富山県富山市)

珈琲駅ブルートレイン感想

私は鉄道も喫茶店も大好きなので、その両方楽しめるこの場所は最高でした。


アクセス

富山駅から、富山市電に乗って『安野屋』下車。電停から歩いて数分です。路面電車で行く!っていうのも良いですね。

富山市電

※(富山駅から行く場合)『安野屋』は、大学前行きに乗らないと行けないので注意。

珈琲駅ブルートレイン感想駐車場

お店の前と、道路の反対側にも駐車場が有りました。


到着

珈琲駅ブルートレイン感想

念願の珈琲駅に到着です。( ;∀;)ちなみにこちらのお店を知ったきっかけは、なんか知ってたです。鉄道好きだと、いつの間にか鉄道に関することを知ってる事が多々有ります。他の趣味の人でも、こういう事ってありませんか?好きだとアンテナ張ってるんで、勝手に情報キャッチしているという・・・。

しかし、前回富山来た時は知らず「次、富山来たら絶対行く!」と決めつつ、「何で行く前に知らなかったのか!」とものすごく悔やんだ思い出があります。

珈琲駅ブルートレイン感想

営業中の表示が出てて一安心。行ったのがお盆休み中だったので、ちょっと心配してたんです。

店内に入ると、お客さんは誰もいない。私一人か、と思うと緊張しますね。メニューを見て『オレンジコーヒー』と『3色トースト』を注文。どちらも初めて見たメニューだったので注文しました。(笑)

特にオレンジコーヒーはどんなものかわからなくて、「オレンジジュースとコーヒーが混ざってるのかな~?」なんて想像してしまいました。

出てきたコーヒーにはスライスしたオレンジが浮かんでいて、最初からお砂糖が入っていて甘かったです。これが美味しくて!家で真似して作ってみよう~って思いました。オレンジコーヒー、オススメです!!

3色トーストは、トーストに3種類のジャムが塗ってあり、3つの味が楽しめました。(これも家で真似しよう・・・)

珈琲駅ブルートレイン感想

お客さんは私1人だったんですが、いろんな電車を走らせて下さって感謝、感謝です。あとジオラマ部分に黒部峡谷鉄道のような所があったんですが、そこを北海道新幹線が走ってる姿が面白かったです。現実では見られない姿も見れちゃう!それも鉄道模型の魅力の1つですね。

コーヒーとトーストを味わい、喫茶店内を走る列車を楽しみ、鉄道雑誌を読んで、1時間ぐらいのんびり過ごしました。


終わりに

珈琲駅ブルートレイン感想

私は電車の中でも特にブルートレインが好きなので、店名だけでもたまりませんでした。レトロで可愛い店内も魅力的なので、鉄道好きに限らず、喫茶店好きの人も楽しいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク