20代のうちに貯金をすべきかどうか?

お城日本

「20代は貯金するよりお金を使うべきだ!」などいろいろな意見がありますが、20代にガッツリ貯金した立場から書いてみます。


貯金してよかった?

貯金の目的

私は将来の夢が「好きな所に住んで暮らす」だったので、そのためのお金をせっせと貯めてました。目的は主にこの2つ。

  • 住む場所を探すための旅費
  • 引越し後何かあった時のための保険

特に新しい土地で馴染めなかった時どうしよう。頼れる人がいないから、お金があると安心。という保険要素が強かったです。が、まだ引っ越しできてないので、貯金はそのまま残ってます。

貯金して良かった

結論から言うと、私はして良かったです。一番は『安心感』。引越ししようがしまいが、ある程度の額の貯金があると生きている上ですごーく楽です

「いざとなったら、この貯金を使おう」という人生のアイテムの1つになりました。いろいろ生きてると選択肢が出てきますが、お金の面で諦める事はほぼ無いですし、お金があるから逆に提案も出来ます。

貯金が尽きたらおしまいですが、残ってる限りは貯金は便利なアイテムとして今後の人生で役立つと思います。


20代貯金のメリット

比較的出費が少ない

若さで許されることが多いので、出費は30代以降より少ない気がします。服装も安い服でいいし、フォーマルな場の出席も少ない。食事も奢ってもらえる事がある。

女性だと、基本的にお肌がきれいな時期なので化粧品代も安く済みます。お肌きれいな子がファンデーションがっつり塗ってることありますが、「そのファンデーション代で将来出来ることはいろいろあるよ!」って言いたい。

独身時代の貯金が出来る

結婚する人限定ですが、結婚前に自分のお金を貯めておく事が出来ます。結婚後、貯金を一緒にするかどうかはカップルによりますが、全額一緒にすることはそうそう無いですよね。

結婚した後、「相手には頼れない出費が出来てしまった・・・」という時、独身時代の貯金なら使いやすくて安心です。


出費を減らす方法

使いたい所でお金使って、無駄を省くという方法をとりました。

1.車を所有しない

田舎なのであると便利ですが、無くても生活できるので、バスと電車とタクシーと徒歩で生活しました。公共交通機関は責任を負わなくていいので(事故などの)、気持ちの面も楽です。

2.良いものを買って長く使う

最初の出費は大きいですが、10年使えば一度の出費で済みます。20代で1回しか買わないと考えると、お安く感じます。安いコートなんだけど、もう15年着てるものもあります。(高校生の時買った)意外と服って長持ちするんですよね。

3.コンビニに行かない

行くとついつい買ってしまうから!恐ろしい!新商品とかすごく惹かれる!好きで買うならいいですが、私は後悔することが多かったので(誘惑に負けて買ってるから)、コンビニで使う数百円は貯金に回して良かったです。

4.何もしない日だってあって良い

休みの日、友達と遊ばないと不安に思った時もありました。でも、5日間仕事して週末は本読みながらゴロゴロしたって良いんですよ。インスタに投稿することをしなくても良い。

5.時給800円だと思って生きる

自分の時給計算した事ないですが、時給が800円だと思って「このケーキは私の人生の30分と同じなのか(400円)」と計算すると出費が減りました。人生のそれだけの時間を使っても得たい物は買いましましょう。時は金なり。


終わりに

お金の心配をせずに生きられるのは楽です。ものすごく貯金があるわけじゃないので不安なこともありますが、それでも「これぐらいなら貯金が有るから大丈夫」と思えるのは安心です。それを早い内に得られるのが、20代貯金の良い所です。

20代はそれなりに遊んだり経験にお金を使いつつ、人生の保険に貯金をしておく事をオススメします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク