子供に持たせるぬいぐるみは1個か2個にして欲しい

ぬいぐるみ子供に持たす問題点

「欲しい、欲しい」と言われたら、つい買ってあげたくなりますよね。ぬいぐるみ可愛いですし。 (*´▽`*)


大人になっての悩み

私も子供の頃、ぬいぐるみを複数買ってもらいました。そして大人になった今、その中の精鋭がまだ4つ残っています。

ぬいぐるみが4つ・・・結構かさばるんですよね。

でも捨てられない!愛着がありすぎて、無理! タイムマシンがあるなら過去に戻って言いたい。 1個かせめて2個までにしておいてくれ!と。


一生の付き合い

当時は、「可愛い!所有したい!」ただそれだけの気持ちで買ってもらいました。 夜は一緒に寝て、旅行もする時も連れて行ったりするとかなりの愛着がわいてしまいました。

捨てたり、あまつさえ燃やすなんてとてもとても考えられない。たぶんおばあちゃんになっても、洗濯して部屋に飾っておきそうです。

買う時は、そこまで考えないと思いますが「そうなるかもしれない可能性」を少し頭の隅に置いてみませんか?

人によっては「新しいものを買えば古いものはいらない」と、上手く巡回していくと思います。 うちの子は上手く巡回させそうだな・・・と思ったら複数買う。1個1個に執着しそうだったら、ほどほどにしておく。

子供の時・大人の時と区切って考えるだけじゃなく、人生という長いスパンで考えた時、 このぬいぐるみはどういう存在になるのか?というのを考えてみて欲しいなと思いました。


ぬいぐるみと人格形成

かと言って「欲しい!」と言うものを買ってあげないのも辛い。可愛いぬいぐるみはつい買いあたえたくなってしまいますし。 それに子供に我慢させることが、その後の人生にどんな影響があるのか・・・とか、考えたら面倒ですね。

自分の経験上、満たされた状態よりちょっと足りないぐらいが幸せかな?と思います。 私はそこそこ満たされた子供でしたが、そのせいで欲が無くなって「生きててもすることが無い」と途方に暮れたんですね。

でも満たされなかった部分があって、そこは自分で「欲しい!」と思って頑張るきっかけになったので、満たされない部分もあったほうが良い。

だから、ちょっと足りないぐらいが良いのかな?と思います。


終わりに

今後も4つのぬいぐるみと共に生きていきます!(もう増えませんように!)

スポンサーリンク
スポンサーリンク