キウイ人間流『日本酒入門』

日本酒飲み方初心者

私にとって世界で一番美味しいお酒は日本酒です。なのに飲まない人が多くて勿体無い~ということで今回は、日本酒を飲むきっかけ作りをしたいと思います。

 

最初に飲みたい日本酒

  • 純米酒
  • 吟醸酒

このどちらかを飲んで下さい。理由は美味しいからです。『純米吟醸酒』とかもありますが、これでもOK。とにかく、純米吟醸。これが名前に入ってるお酒です。

普通酒の罠

日本酒には『普通酒』というものがあるんですが、私はこれが苦手です。醸造アルコールが入ってるせいかわかりませんが、美味しいよりアルコールとしての強さが目立ってキツイんですよね。純米酒と吟醸酒は高値ですが、その分手間や材料がかかっていて美味しいです。

初めて飲む時は「高い!」って思うかもしれませんが、「人生に一度くらい、純米酒を飲んでみるか・・・」と思って一杯飲んでみて下さい。

ちなみに私は最初に飲んだのが普通酒で、キツイし飲みづらいしで半分ぐらいしか飲めませんでした。(^^;)それで日本酒は飲むのが大変ってイメージがついてしまったんですよね。

 

美味しい日本酒

(´・ω・`)これ、すっごく難しい。

私は今まで飲んだ、純米酒・吟醸酒は全部美味しかったです。で、味通じゃないので、順位つけとか優劣がまったくわからない。とにかく、純米酒と吟醸酒は美味い。

ただ、いろんなお酒を飲んでいけば「この味は自分好みかも!」って気付けるかもしれません。なので、いろいろ飲んで、いろんなお酒に出会うのが楽しいと思います。お酒の世界を旅するように!

無理して高いお酒飲む必要無いんですよ。そういう私も、興味があって有名な高いお酒を飲んだことあるんですが他のお酒との美味しさの差がわからなかったっていう。(^^;)これも勉強ですね。どっちも美味しかったです。

あと、名前やラベルデザインで選ぶのも楽しいですよ。というか、試飲出来ない場合はほぼこれで選んでいます。(笑)

新政酒造(秋田県)の『NO.6』は本当に「日本酒の名前なの!?」ってびっくりするし、

大村屋酒造場(静岡県)の『おんな泣かせ』はちょっとドキッとするネーミングだし、

富久千代酒造(佐賀県)の『鍋島』は歴史好き、特に鍋島氏好きにはたまらない!(鍋島氏は佐賀藩主。鍋島直茂と鍋島直正が有名。)

 

旅のお供に日本酒

私は国内旅行が好きなので、旅先で地酒を飲んでます。日本酒っていろいろあるから漠然と選ぶの難しいですよね。でも旅先へ行けば地元の人が「これ美味しいよ」と勧めてくれるので、楽チン。あと、旅先で名物を食べるのと同じ様に、やっぱりその場所で作られたお酒をその場所で飲むって言うのはなんだか良いものです。

 

終わりに

日本酒美味しいので、飲むきっかけになれば良いなと思い記事を書きました。日本酒は高いですが、私は美味しいお酒を一杯だけ飲むのが好きなのでちょうどよく幸せな気持ちになれます。飲み過ぎには注意!

あと、『夏子の酒』という酒蔵が舞台の日本酒漫画もオススメです。ラブコメ要素もあり、楽しいです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク