記念日祝いすぎてない?

記念日祝いすぎ

例えば親だったら、誕生日・母の日OR父の日・敬老の日(年齢による)・結婚記念日などなど。1年で4回、それを毎年だとちょっと大変です。

 

こんなに祝ってたっけ?

よく母と昔話をするのですが、母が子供~成人した後も裕福では無かったから記念日はほぼ祝わなかったそうです。子供の誕生日とクリスマスぐらい。自分の親(私から見たら祖父母)は祝っても誕生日ぐらいで、経済的に余裕が出来てからは他の記念日もプレゼントを送っていました。

冷たい?冷たくない?

私は記念日は祝える範囲でやれば十分だと思います。物をあげるだけがお祝いでも無いし。

もし、『祝ってくれない→冷たい』と思われたら、他の所でカバーするしかない。だって、プレゼントを買う時間とお金が無いから!もう仕方がないんですと、そう思いましょう。(^^;)

メディアが煽る

TVなどで記念日やイベントが近くなると、「参加しなきゃ!」という気持ちにさせる情報をたくさん流しますよね。これだけ流されるとスルーしづらい!

プレゼントあげなかったら、「何でくれないの?(´・ω・`)」って思われそうとか余計な心配もしてしまう。

でも無理だったり、長ーい目で見て今使うべきお金なのか考えたら思い切って不参加でも良い。

 

終わりに

もう一度本当にそのお金は複数の記念日を祝うのに使うのがBESTなのか考えてみて下さい。もっと優先しなければいけない使い道ありませんか?

無駄遣いしてないのに家計が苦しいという人の記念日出費が毎年大きかったので、今回この記事を書いてみました。当たり前・必要・当然だと思っていると、その額の大きさに案外気付けないのかもしれません。