【漫画感想】三日月と流れ星2巻「(・∀・)ニヤニヤする展開、かと思ったら?」

三日月と流れ星2巻

1巻の時点ではそうでもなかったのですが、今は続きが気になる漫画ベスト3になるぐらい楽しみにしながら読んでます。((o(´∀`)o))ワクワク ※以下、ネタバレ注意!

 

感想

表紙は隆聖

ということは次巻は『玲於』かな?

親子で恋バナ

「よく親子でできるな」と思う。(^^;)でもちゃんと話してくれる隆聖さんは優しい。

立場弱い玲於

やっぱり年下ってこういう時可哀想。ちょっと、恋愛カタログの隆司を思い出しました。

恋愛カタログ隆司

あれはもっと可哀想。(笑)

従兄弟登場

コネでバイトいいな~!従兄弟の会社って人によっては嫌かもしれないけど、10代の頃は面接とか電話とか怖くて緊張したのでこの状況は羨ましい。従兄弟がこれからどう話に絡んでくるのか・・・?

玲於の前で作戦会議する未依

ここまでオープンに出来るとかえって気持ちがいいです。この神経の図太さは羨ましい。

この人の友だちだったら信用できる

こういうのありますよね。相手に何度も会うより、そのことで得られる信頼度の方が大きい。

図々しいお願いも

したいと思ったらまずしてみるのありですよね。私もこういうことたまにするのですが、本当はこれぐらいお願いしたいけど半分にして中途半端なものにすより、「全部でこれぐらいお願いしたいんだけどどう!?」って聞いてハッキリ『YES』『NO』言ってくれる方がスッキリすると思うんです。ダメな時ははっきり「ずうずうしすぎ!」って怒ってくれればいいので・・・。

他の人はどうなんでしょう?10頼みたいことがあったら3ぐらいに減らしてお願いします?了解してくれた後で、「実はあと7つお願いが」って言う方がいいのかな?

天国から地獄

このシチュエーションはきつい。諦めちゃった方が楽だよ~。

世間は狭い

なんでバイト先にサークルの先輩の兄が。何か今後関わってくるのかな?

さっき、従兄弟の会社でバイトいいなーと思ったらまさかの『ブラックバイト』。辞めづらいし逆に地獄ですね。(つд⊂)エーン 従兄弟のお礼が何なのか楽しみ。

ストーカーその1

なんで玲於にはこういう激しい女が集まるんだか。そういう女性を集める男性ってリアルでもいるんですかね?いたら会ってみたい。(笑)いじめたくなるタイプで且つ、ちゃんと相手してくれる(ツッコミとか)人かな。

人生には負けることも必要

そうなんだろうけど、負けたくないですよね。負けたことで敗者の気持ちが本当に実感できたことがあるけど、そういう辛い経験をしてない人はまっさらな強さがあって羨ましくも思う。

「大丈夫?気にしない方がいいよ」

学生時代にこういうこと言ってくれる子って本当すごいなぁと思います。こういうこと言える人が増えたら、学校ってもっと過ごしやすい場所になると思う。

本音を言い合うと進展することもある

というか言わなきゃ進まないですね。いろいろ考えてる、思ってるだけじゃ人間関係そうそう変わらない。

タイミング悪い

漫画でよくある展開ですが、これは面白かった。たぶん未依に見られたのが良かったと思います。(笑)だいたい「このタイミングでこないでよ!」って思うんですが、続けられるより見られちゃう方が美味しい。

立場の違う友達

それぞれ知ってる情報が違うから、同じ出来事の見方が変わる。そういう友達が2人いるのは物語に深みも出来るし、今後どうなるかわからない楽しみもあります。

充希鬼

玲於の声聞いて元気貰おうなんてひどい。(笑)でも正直にそう言えるのが良いですよね。これはさっきの『図々しいお願い』の話と同じ。

佐々木兄弟に殺される!

職場に先輩兄がいる理由はまだわかりませんが、このセリフ聞いてこれだけでも十分だと思いました。『佐々木兄弟=充希を忙殺する役割』ってことで。

飯カット!

従兄弟とのご飯シーンカット!ガーン!

浮気をする立場

昨今、芸能人の不倫を烈火の如く叩く風潮がありますが浮気・不倫って駄目な人と寛容な人の意識の差が激しいですよね。充希のように当事者(実際はそうじゃないんだけど)になって初めて意識が変わる場合も結構あるでしょう。やっぱり浮気をされた人が可哀想なので、良いものではありませんが。

婚外恋愛不倫浮気

オープンな家族関係

隆聖と玲於も恋バナしてましたが、充希と母も話しづらい両親の結婚までの経緯を話してましたし。なかなか出来ない。充希が自分と母を重ねて冷静に判断できなくなったら良くないと思ったけど、その心配はないかな。

充希冷静すぎる

『ずうずうしい勘違い』とか1mmも考えてなかったので、そのまま行ってしまってもよかったと思います。その視点は無かった。すごく丁寧に話を描かれてる印象があります。

良い友達

大切にしたら、大切にし返してくれる。当たり前のことなんですが、結構忘れがちかもしれません。

未依の優しさ

好きな人の前でショック受けてる姿って見せたくないですよね。単純に辛いし。未依ナイスフォロー。

友達から父親へ

この気持はわかります。年の離れすぎた子と付き合いだしたら性別逆でも、親の視点で見てしまいそう。「私が親だったら許せない!」(`・ω・´)シャキーン

援農

上手く農家の人たちとコミュニケーションとれれば、とても良いことだと思います。私も毎日デスクワークなので、体を無性に動かしたくなりますし。でもたまに来てちょっと農家ごっこして帰るって農家の人にとってはどうなんだろうなぁと思ったり。(ひねくれすぎ?)援農やったこと無いんですけどね。(^^;)

高校生の付き合い

日本も『デーティング』が一般的になったら良いなと思います。『デーティング』は簡単に言うと、付き合う前にデートとかして付き合ってる状態を体験(?)してから付き合うというもの。ただ文化的に日本とは合わない部分もあるので、デーティングで何をするかは日本流で良いと思う。

告白されて付き合ってから「なんか合わない」ってストレスに悩むことも減るだろうし、そもそもよく知らない相手と付き合うのってギャンブルのような気もします。「友達から」っていうのが、そもそも謎ですし。

親子でこれはきつい

と言いつつ(・∀・)ニヤニヤ いいぞ!もっとやれ!

うざいと思ってた人が助けになる時もある

100%自分の味方って有り難いし、助かる時もある。都合のいいように振り回したら可哀想ですが、恩を売れるメリットもある。(笑)

優先順位

隆聖さんの中では、玲於>充希なんですよね。何この三角関係。どうしようも出来ない。(TT)玲於が絡むと面白いけど、最終的には隆聖さんで落ち着いてほしいです。

 

終わりに

最初『三日月と流れ星』読んだ時は「これは絶対玲於とくっつくな」と思ったのですが、2巻で考え方がコロっと変わりました。まさかパパと付き合い出すとは・・・ちゃんと納得出来る展開だったので、私の中では玲於ルートは消えました。なのにまたどっちかわからない状態で次巻へ続くとか。続きが気になります。やっぱり椎名さんの連載は面白い。

関連記事:三日月と流れ星1巻感想 10年ぶりの椎名あゆみの連載スタート(´;ω;`)ウッ…

 

おまけ

ベイビィ★LOVEのおまけ編が巻末に付いてました。まさか、また読めるとは!本当におまけ(4P)なので、これだけ目当てで買ったらガッカリするかも?

あと、あとがきで

またその後の二人をいつかかいてみたいですね。

と書かれてたんですが、その『また』がキター!

Cookie11月号にベイビィ★LOVEの番外編が掲載されます。発売して1週間経ってないのにamazon在庫無いんですが、何で!?赤ずきんチャチャの1巻が付くから?

個人的に、小春と二階堂のその後の方が気になりますが果たしてどんな内容なのか。読んだらまた感想書きます。(^^)/