【美術館】しもだて美術館 感想(茨城県筑西市)

しもだて美術館

ガラス張りの変わった形の美術館です。大人しい街の中にあったので、見た時はちょっとびっくりしました。

 

アクセス

下館駅から歩いてすぐです(約8分)。駅北口前の大きな通りをまーっすぐ歩けば左手にありますので、迷わず行けます。

 

到着

舘野弘絵画展2016

今回の目的は『舘野弘絵画展-雨と空と雲と未来-』。このポスターを見て、「しもだて美術館行きたい!」と思って行きました。

そもそも下館に美術館があることすら知らなかったので、いろいろ偶然が重ならなければ来ることは無かったです。知れてよかった!とても良い絵画展でした。

下館駅周辺のお店には、絵画展のポスターがたくさん貼ってあったんですが下館を離れると全然無くて残念。(チラシも無かった)市民のための美術館って感じなのかな?

 

館内

しもだて美術館

美術館は3階のみ。(チケットも3階で購入)そんなに広くはないので、1時間~2時間ぐらいで鑑賞出来ました。

鑑賞前にトイレに寄っておきたかったんですが、3階のトイレは展示室の途中だったので先に1階に寄っておいたほうが安心。

1階には地元のお祭のお神輿など展示されてました。豪華な作り!この建物自体は地域交流センターアルテリオと言うそうです。

しもだて地域交流センター アルテリオ - 筑西市

企画展の展示室は2つ+映像展示室が1つ。もう1つ展示室があり、そちらは所蔵品を中心に展示してるそうです。

しもだて美術館通路

ここのガラスで囲まれた通路を歩くことが出来ます。南東方向に筑波山が見えるらしい。

 

感想

美術館自体はとても良く(展示量はそんなに多くないですが)、快適に鑑賞できましたがお客さんが少なすぎる!これだけの絵を独り占め出来るっていう幸せはありますが、勿体なさすぎます。お客さんよりスタッフが多いんですもん。

ぜひぜひ、しもだて美術館へ!板谷波山記念館共通入館券を買ってこちらに行くのもオススメです。(企画展のチケットなら共通券じゃなくても見れます)

しもだて美術館

あと下館は下館ラーメンが有名ですね。今回食べ損ねたので再訪したい。

 

終わりに

しもだて美術館

夜はこんな感じ。HPを見ると、ちょこちょこリンク切れがあるのが気になりました。茨城県の美術館はここが初だったので、他の美術館にも行ってみたいです。

2016年11月20日まで茨城県北芸術祭も行われているので、こちらも気になります。

KENPOKU ART 2016 茨城県北芸術祭