【映画】『ジョゼと虎と魚たち(2003年日本)』感想「小難しい映画だと思ってました」

ジョゼと虎と魚たち

なかなか良い映画でした。PG12指定なので家族や友達と一緒に見ると、多少気まずいシーンもあります。 ※以下、ネタバレあるので注意

 

感想

最初のシーンから推理する

最初、ツネオの独白と写真の組み合わせで始まります。この情報を頭に置きながら、今後どうなっていくのか予想しながら見るのが意外と先が読めず面白かったです。この時点だと、二人が別れたのかまだ一緒にいるのかどっちにでもとれると思いました。

近所の女の子2人組

とても可愛くて、印象に残る子達でした。子供だけど、大人っぽいっていうのかな?大人になる途中の子という感じで印象的。ジョゼと交流するシーンも好きです。

映画を見る前のイメージ

タイトルの意味もわからないし、アート系の映画かと思ってました。それが普通に恋愛したり、身近に感じられる世界だったのが意外。タイトルの意味も最後までみて、「そういうことだったのか」とわかってふんわりしたイメージだったものが、地に足がついたものに変わりました。

車椅子を買っていたら別れなかったかもしれない

ジョゼはあえて車椅子を買わなかったんだろうなぁ。車椅子を買えば、2人の関係が続けられる可能性が上がることもわかっていたと思います。別れた後、車椅子に乗って颯爽と走ってるジョゼを見てそう思いました。ツネオが居なくなって仕方なく買ったんじゃないな、と。ツネオを試していた部分もあったかもしれない。

ツネオはあまり好きじゃない

でも嫌いじゃない。カナエは好きになれなかったけど、幸せになれたのか少し気がかり。

上手く出来た偶然

映画やフィクションならではと言ってしまえばそうですが、ジョゼの乗った乳母車が転がり落ちてきたこと、バイトしてたカナエと再会したこと、この偶然が無ければどうだったんだろうなぁ。あと金井春樹も。(笑)

ジョゼの家

ちょっと良いなと思いました。必要なものがちゃんと収まってる空間。

コウジとジョゼ

この2人の関係がよくわからない。というか、私にはわからなかった。コウジはきっといい人なんだと思う。

ジョゼが「結婚はない」と言い切った後、一人キレてるあたり。あれは、コウジの中で気持ちが整理出来ないってこと?出来ることなら九州行きは止めさせたい?それが出来なくて、ただイライラしてるってこと?この映画で一番気になったシーンかもしれない。

あと、犬が可哀想だと思った。(´・ω・`)怖いよー

ジョゼのことをどれぐらい気にしてるんだろう?恋愛感情は無いよね?うーん、わからん。

金井晴樹が可哀想

笑いながら殴る→キレるの流れが妙にリアルで怖かった。金井春樹は何も悪くないのに。(´;ω;`)ウッ… その後手伝いに家に来た時は「なんできた!?」って思いました。普通だったら、ツネオとは個人的に関わりたくないだろうに。酔ってたからセーフなのか?

イメージフォトは佐内さん

エンドロールに名前が出てきた時、「言われてみれば佐内さんっぽかった!」と興奮。「っぽい」とは失礼な!と思われるかもしれませんが、断言できるほど写真詳しくなくて。(^^;)

渡辺あやさん

NHKの朝ドラ『カーネーション』の脚本を担当された渡辺あやさんの脚本デビュー作です。

カーネーション

さらに調べたら椎名林檎さんの『孤独のあかつき』の作詞も渡辺あやさんがしていました。

孤独のあかつき
椎名林檎
2013/05/24 ¥250

サビだけはNHKの番組の主題歌なので知ってましたが、全部通して聴くと印象違いますね。あと、誰が作詞したのか意識するとまた違って聴こえました。林檎さんとは違った、ふわっとした優しさがあります。

その後の2人

脱線しすぎた!ジョゼの話に戻ります。私は別れてしまったと思いますが、そう考えると最初のツネオの独白が明るすぎる。カナエとは上手くいきそうな感じがしなかったし、もしかしてジョゼとヨリが戻ることはあるのかな?

でも最後の逃げ出したツネオを思い出すと、ヨリが戻るのはちょっと嫌かもしれない。(苦笑)終わり方は少しモヤモヤしましたが、くるりの『ハイウェイ』は良かった。

 

終わりに

タイトルが印象に残っていたので、なんとなく見た映画ですが最後まで飽きること無く楽しめました。

この作品でフランソワーズ・サガンを初めて知ったので、本を読んでみようと思います。早速買ったのはこちら。

これしか電子書籍が無かったんだよー(つд⊂)エーン でもこの人の作品は紙で読んだほうがしっくりきそうな気がします。