舞台『ホイッスル!BREAK THROUGH-壁をつき破れ-』 9/2夜公演・感想

舞台ホイッスル!感想

最初は行く予定なかったのですが、行ってよかった!!※ ネタバレ注意

 

きっかけ

最初に『ホイッスル!舞台化』の話が出たのは、MANGA姉っくす!というニコ生の番組です。

放送時は賛否両論のコメントがあり、私も「ホイッスル!の舞台化はどうなんだろう・・・」と懐疑的な感じでした。あと、2・5次元のチケットは取るのが大変という話も友人から聞いてたので「本気で行きたい人が行ったほうがいいだろうなぁ」と思ってチケット発売日もスルー。じゃあ、何で行ったのかと言うと

チケットがまだ残ってたから!

てっきり発売日に完売になるものだと思ってたから、残っててびっくり。(平日のいくつかの公演のみ)でもよく考えたら平日の公演は行ける人限られてますよね。大好きな作品ですし、チケットが残ってるなら行こうか!ということで行くことにしました。

 

当日の予定

  1. 安野モヨコ展「STRIP!」
  2. 樋口大輔原画展
  3. ~夕食~
  4. 舞台ホイッスル!

 

会場到着

2つの展覧会をギリギリまで見てたので、会場到着は開演10分前。まずいまずい!でもそのせいか物販が空いてて、並ばずにパンフレット買えました。パンフレットだけ購入する人って珍しいんでしょうか?(2.5次元初心者)

 

ステージ

ステージは傾斜になったサッカーのハーフコート。客席に向かって下がっています。一番奥がゴール。その後ろにはスクリーンがありました。ここに映像が映る様です。

 

舞台感想

突然始まる!

「これから、舞台ホイッスル!開演します」等アナウンスがあると思ってました。いきなりはじまったけど、まだ心の準備が出来てないぞ!

フェンスの使い方

一人サイズのフェンスを並べたり、囲んだりする使い方が面白かったです。あと、そのフェンスを支えてるのが黒子ではなく出演者というのも。皆さんキビキビ動かれてました。

まさかのリアルサッカー

スクリーンに実際のサッカーの映像(日本代表等)が流れました。びっくりした。でも、原作もリアルサッカーから始まってますもんね。再現率高い。

オープニング!?

アニメのオープニングの様な演出がありました。歌に合わせて踊ったり。主要登場人物があらわれて、背後のスクリーンに名前と顔写真が映されたり。こういうのは2.5次元ならではかも。踊ってる場面では、おでん屋のおやっさんが気になって仕方がなかった。(笑)だって、サッカーのユニフォーム着てる中学生の中にエプロン姿のおじさんが混ざってるから。(^^)おやっさんに気をとられて、いろいろ見逃す。

マンツーマンディフェンスがわかりやすい

とても舞台映えしたシーンだと思います。誰が誰をマークしてるか、マーク外された!っていうのがはっきりわかりました。

桜上水の先輩がアンブロ仮面

アンブロ仮面みたいな格好をしてただけです。(笑)先輩を一人一人キャラ付けせず、『敵の先輩』というシンプルな記号にしたのが見やすかったです。

将が可愛い

功兄の「本当、可愛いな」のつぶやきには激しく同意しました。

将が武蔵森でされた事

漫画で読んだ時は「仕方ないのかな・・・」という感じに受け取っていましたが、舞台で見るとキツイですね。あれはひどい。

マイクで声が拾えない

これ、すごくもったいなかったです。何を言ったのか聞き取れない。時々そういう場面があり、残念に感じました。

水野役

特に大変そうだと思いました。セリフも多いし、早口だしよく間違えずに出来るな・・・役者さんってすごい!あと、水野くんはサッカーが上手いという設定なので上手く見せなければいけないというのも難しそうだと思いました。

間違えた!

渋沢役の鮎川さんが三上を怒鳴る(注意する)シーンで、間違えて「水野!」と怒鳴ってしまいました。この間違い、鮎川さんには申し訳ないですが大変面白かったです。(^^)場内でも笑い声がおきていました。こういうのは、舞台ならではですね。

翼は国分二中の代わり

まだ翼は出番ないのに、どうやって登場するのかと不思議に思ってました。実際は、桜上水VS武蔵森戦に来てた国分二中の2人の代わりに試合の解説をしてました。なるほど。これなら、役者さん1人で済むし翼ファンには嬉しいでしょう。不破と一緒にいたせいで、背が小さく見えましたが役者さんは170cmあるそうです。

不破の制服姿が良い!

不破も原作ではまだ登場しませんが、上手い具合に登場させてくれて嬉しかったです。さらに出演シーンほぼ制服。(夏服)この制服姿が良い!役者さんがスラっとした長身で、姿勢も良くてただ立っているだけでも華やかに見えました。今回の舞台では不破が一番お気に入りです。(^^)/

ユニフォーム姿もちょっと見てみたかったな・・・と思ったら、ストーリーと関係無いところで着てくれました。ファンサービス最高!

不破と将のPK対決

まさかここを舞台化してくれると思いませんでした。すごく良いシーン。あと、単行本4コマにあった「(PK用のゴール枠線を)風祭が引いたのか?この背じゃ届かないだろ」という不破の考察もセリフに入れられてて、場内から笑いが起きていました。

武蔵森

渋沢と間宮が目立ってました。間宮のスライディングはお見事。藤代の存在がちょっと薄く感じられたのが残念でした。なんでだろう?

癒やしの桜上水

3人(誰かわからなかった)が声を揃えて「うん」って言う所が可愛かったです。何度かありました。何度もあって嬉しい。(^^)

スローイン芸

途中、桜上水のメンバー数人がスローインの一発芸をやりました。ここ、公演ごと違いそうです。森長が盛大にスベりました。でも、森長役の人は絶対良い人だろうな~という感じが伝わってきました。もう一人は五味だったかな?(うろ覚えで申し訳ない)有能すぎ!!面白かったです。

ちょっとキャラの違う松下さん

原作より面白い感じでした。特に、グッズの袋を持って登場してパンフレットを読みながら「野呂役、特技日本舞踊だと!?」とかいじってるあたりは完全に松下さんじゃないですね。(笑)でも、ここすごく面白かったです。ここも公演によって、セリフが違いそうですね。「千秋楽までにグッズ全部買わされそう」って言ってたので、千秋楽ではどんなセリフになってるかな?

ボールの音に合わせて演技

これだけでもすごいと思いました。特に、風祭が河川敷で壁にボールを蹴るシーン。同じことの繰り返しですが「ちゃんと音にあってる!」と見ながら感動してました。

情報がガンガンくるよ!

内容の濃い舞台だったので、次から次へとくる情報を入れては頭から消えそうで必死に残せるよう努力しました。でも結構忘れてしまった部分もあります。でも、舞台を見て面白かった・楽しかった・感動した、幸せな気持ちはちゃんと残っています。見に行って、本当良かった~!

アンコール

全員集合。翼と不破はユニフォームに着替えてました。着替えるの早い!今回の公演は渋沢役の鮎川さんが話をする番とのことで、トークしてくれました。やっぱりセリフを間違えたことに触れないわけにはいかない。(笑)今回の公演は、プチ渋沢祭りでした。話した内容は、

残暑です、残暑です、残暑です(3回ぐらい言った)いつもより汗をかきました。早くシャワー浴びたいです。

だいたいこの様な内容。その後、トリプルアンコールでは風祭・水野・シゲが登場しました。風祭が話して、シゲがちょいちょい口を挟み、水野が無口っていうのは原作っぽく感じました。

 

舞台化された原作

STAGE.1~29までです。正確に言うとSTAGE29のエピソードは途中に入れられてたし、『風祭が辞めた部員を説得に行く』エピソード等削られたものもあります。

文庫で言うと、1巻~3巻の最初まで。よくこの内容を2時間にまとめたなー!と驚きました。個人的に、不破との河川敷でのPK対決を入れてくれたことが嬉しかったです。あと、舞台のタイトルは1話のタイトルだったんですね。原作読み返して気付きました。

 

パンフレット

最初買う予定無かったんですが、舞台の思い出に買うことにしました。結果、買ってよかった!特に樋口先生の稽古場レポート漫画が嬉しかったです。もっと読みたいほど!パンフレットを見ながら、舞台のことを思い出せるのはいいですね。

気になった点はフォトショップで加工しすぎ!自然な感じの写真でよかったのに、変に綺麗で違和感をすごく感じました。あと、役者さんの身長が気になったので掲載してくれたら良かったなと思いました。

 

終演後

物販が混んでました。公演前に買えなかった人たちか、公演後欲しくなった人たちかどちらでしょう?私も、舞台で間宮が「俺のブロマイドが入っててがっかりした奴も潰す・・・(うろ覚え)」というセリフを言ったせいで急にブロマイドが欲しくなりました。が、時間がなかったので並べず帰宅。

あと、舞台のDVDの予約も行われてました。来年1月発売予定だそうです。予約しなくても買えるよね・・・!?

 

終わりに

「ホイッスル!の舞台、大丈夫!?」とか言ってごめんなさい。私の不安を軽く吹き飛ばす、熱い舞台でした。

本日は千秋楽。なのに台風がきてる!無事、最終公演を終えることを願います!!

舞台ホイッスル!

追記

樋口先生のツイート(+会場の写真)です。

お疲れ様でした!