コンビニが出来て1年で変わったこと

コンビニ

家の近くにコンビニが出来て1年たちました。それによって「変わったな」と思ったことをまとめました。

 

変わったこと

ゴミが増えた

コンビニ周辺の道路にゴミを捨てる人が増えました。コンビニで食べて、コンビニのゴミ箱に捨てればいいのになんで数十m歩いて捨てるんだろう?なんとかしてほしい問題ですが、コンビニの店員さんにコンビニの半径50mのゴミ拾いをさせるのは酷ですよね。

コンビニっていろんな仕事をしなければいけなくて、結構大変な仕事だと思うのでもっと時給上げるべきでは?出来れば、人も増やしてゴミ拾いもして欲しい・・・。捨てる客が一番問題あるけど、悪いと思ってない人の考えを変える方法ってあるのかな。

知らない人を見かける

近所に住んでるのに、全然会わない人に遭遇してびっくりします。よく考えたら、現代って近所の人と会う社交場ってあまり無いんですよね。昔だったら、銭湯とかあっただろうけど。コンビニが新たな社交場になる?コンビニが出来たから外出の頻度が増えた、という人もいました。

お客さんが多くてびっくりする

コンビニが出来た当初は、「果たしてお客さんがくるのだろうか?」と思いましたが出来てみれば来るもんですね。町の中の人の流れが変わりました。

 

私のコンビニ利用

コンビニはたまーに用事がある時しか利用しません。

  • チケットの発券
  • コンビニATM

コンビニにとって有り難くない客ですね(´・ω・`)この2つの利用に関して、近所にできて便利になりました。あと、近所にあるとつい寄って買い物してしまうことがあります。コンビニの誘惑。出来る前は無かった出費がいくらか増えました。

 

コンビニの話

コンビニについて調べていたら、面白いものを見つけました。

コンビニ勢力図 [ 2016年 ]

やっぱりセブン-イレブン強いですね。東海3県がサークルKサンクスなのはわかるけど(ユニーグループの子会社だから)、石川県もそうなんだ。そして、北陸3県が

  • 富山(ローソン)
  • 石川(サークルKサンクス)
  • 福井(ファミリーマート)

とバラバラなのも面白い。何でだろう?

 

終わりに

コンビニは多すぎると思います。でも、増えても営業できちゃう不思議。私の生活圏では、潰れる店より新しく出来る店の方が多いです。近所にできた店も、1年後にはどうなっているのかな。