『ふるさと暮らし情報センター・東京』へ移住相談に行った感想

猫の散歩

行ってきました!

 

シミュレーション

行く前に頭の中でシミュレーションしました。

シミュ

これで完璧!

 

当日

ふるさと暮らし情報センター・東京 | 認定NPO法人 ふるさと回帰支援センター

東京・有楽町にある『ふるさと暮らし情報センター・東京』へ行きました。東京交通会館の5・6Fです。営業時間は10:00~18:00まで。(変わるかもしれないのでHPをご確認下さい。)私は日曜日の10時ちょっとすぎに行きました。

とっても空いてました。

 

会場にビビる

私のイメージは観光案内所みたいな感じでしたが、行ってみたら市役所とか職員室とかそんな雰囲気。ビビる。しかも人が全然いない・・・。帰ってしまおうか、でもせっかく来たしとエイヤッとセンターに入りました。この時、「あれ?山形のブースって5階だっけ?6階だっけ?」と調べていなかったことに気づき焦る。

若干挙動不審ぎみに会場入りしたら、すかさず案内の方が声をかけてくれました。これじゃ、パンフレットを見ながら様子を伺うが出来ない!(シミュレーション失敗)

だけど結果的にこれがすごく良くて、即山形ブースへ案内して下さり、且つアドバイスもして下さいました。

具体的に決まっていなくても来ても良い。不安や問題を1つ1つつぶして、具体的にすればいい。

もし、この記事を読んでる移住を考えてる人がいましたら、是非気軽に行ってみて下さい。移住する気80%以上じゃなくっても良いんですよー!具体的に決まってなくても良いんですよー!

たぶん、この案内の人がいなかったらビビッてちょっとフラ~っとして帰っていたかもしれません。(へたれ)

 

とにかくいろいろお話しました

一応、聞きたいことリストを作ってきていたので、相談員さんに質問しました。自分でも「なんでこんなこと書いた?」という質問もあったので、もっとちゃんと質問練るべきだったと反省。でも、何を聞いておくと良いかなんてわからないし、想像にも限界があります。

最初は雑談みたいな感じで、移住についていろいろ相談員さんとお話しました。結局、1時間ぐらい話してましたね。まさか、こんなに話すとは・・・。

運良く、山形のブースには人が来なかったので(隣の秋田のブースは何人か来てた)十分話せて結果的にはすごく良かったです。パンフレットなどもたくさん貰えました。

情報はネットで得られる時代ですが、やっぱり人ってすごい!ネットとは違って、何の情報がどの話題から飛び出るかわからないので、思わぬ情報も聞けたり本当ためになりました。移住を考えてる人は一度行ってみるといいですよ~!

 

終わりに

東京交通会館自体、10時頃は人が全然いません。早い時間に行くのおすすめです。人がいなくてビビりましたが、それ以上に十分話せることの方が魅力です。(私が行った日がたまたま空いてただけだったらごめんなさい)

あと、東京交通会館には全国各地の物産品が買えるアンテナショップがいくつも入ってるので、帰りに寄るのも楽しいですよ~。

関連記事:豊岡土産 わかめパンとしじみパンとサザエパン

///次回の移住記事は7/22(金)投稿予定です。