【旅行記】佐賀県有田町 焼き物旅

たしか2009年のことです。佐賀と言ったら、焼き物!ということで、ノープランで有田町に行ってきました。ノープランで行ったことを激しく後悔。ちゃんと調べてから行ったほうがいいですね。

有田駅

有田駅到着!

とりあえず、駅の徒歩圏に佐賀県立九州陶磁文化館があるので行ってみることに。途中、焼き物のおみやげ屋さんがありました。

Map picture

国道35号線の上を歩道橋で渡るのですが、だいぶ老朽化していて怖かったです。

小道

歩道橋の先にこんな小道が直通しています。ちょっと楽しい。

佐賀県立九州陶磁文化館

こちらが佐賀県立九州陶磁文化館です。大きくて立派な建物です。和風な感じがしますね。入ってみたら、もっと大きく感じました。佐賀県立博物館も無料でしたが、こちらも無料!佐賀県は文化的に優しい県なのかも。第五展示室まであるので、展示は多いです。ビデオもありました。のんびり見てると、あっという間に時間が過ぎます。駅から徒歩で行く人は私一人でしたが、お客さんはそこそこいました。あと、トイレなどにも有田焼があるので見てみるといいかも。

床の不思議な模様

上の写真でもちょっと見えますが、文化館まわりの床に面白い模様がありました。

1日目終了

この施設だけで、1日目が終わってしまいました。たしかに、有田焼を見る目的は達成できたのですが、私は博物館にあるものより身近な有田焼が見たかったはず!どうしてこんなことに・・・。

ノープランだったから!

このまま帰っては後悔が残るので、翌日もまた有田へ行くことにしました。吉野ヶ里遺跡に行く予定だったんですが。(^^;)下調べは大切ですね。

武雄温泉駅

この日は『嬉野温泉』で一泊しました。写真は『武雄温泉駅』ですが、この駅からバスに乗り換えて嬉野へ。今思えば武雄温泉でも良かったですが、たぶん名前に惹かれたんでしょうね。そんな嬉野温泉ですが、今まで行った温泉地でベスト5に入るぐらい好きです。日本三大美白の湯。食事と地酒もとても美味しかった。九州新幹線の長崎ルートが開業すれば、武雄温泉→嬉野温泉へ新幹線で行けるようになります。温泉駅の次が温泉駅ってワクワクしますね。開通したらまた訪れたいです。

2日目

有田陶磁の里プラザという、有田焼のショッピングモールがあると聞いたのでそちらへ行きました。有田駅からタクシーで。徒歩で行けるかな?と思ったら無理でした。坂道が険しい。朝一で行ったせいか、とても空いていて一人で見放題状態。お店の方と有田焼についていろいろお話出来て楽しかったです。話しすぎて電車一本乗り遅れた程。

ご飯茶碗が欲しかったので、いろんなお店で選びに選びお気に入りの1つが買えました。他にも、お皿やスプーンなど数点購入。硯があれば欲しかったのですが、今はあまり作っていないようでありませんでした。たしかに、硯を使う人は減っているでしょうしプラスチックや安い硯も多いですもんね。

よしだ書道の硯、いいですよね。(有田焼です)行った時はここには取り扱いが無くて、あったら見たかったな~。

とにかくお店の数が多くて、気に入った器があれば手帳にメモをとって大方見てからどれを買うのか厳選した方がいいかも。最初に入ったお店から気に入った物のをどんどん買っていたら、大変なことになりますし、予算の問題もありますからね。焼き物を見て買うだけで時間がいっっぱいになってしまいましたが、出来たら食事もしたかったです。

有田焼カレー

出典:http://www.arita.gr.jp/shokuji.html

有名な『有田焼カレー』。美味しそう!この食べた器もお持ち帰り出来るそうです。創ギャラリーおおた ←お取り寄せもできるみたい!お取り寄せしてみようかな。チーズケーキも美味しそうです。

最後に

今回の旅の反省は、ちゃんと下調べをしなかった事。ありたさんぽ←こちらのHPを見ると、有田にはいろいろなものがあったんだなと知ることが出来ました。本当、街自体が焼き物のテーマパークみたい。自分で作る体験もあるようなので、有田で何したい?どこ見たい?をじっくり考えてから行くのをおすすめします。あと、毎年GW頃に『有田陶器市』が行われ、とてもたくさんの人が来るそうです。そういう時に行くのも楽しそうですね。

上有田駅

お隣の上有田駅。こちらの周辺にも、いろいろあったみたいです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク