【旅行記】佐賀県立博物館・美術館

佐賀県立博物館

佐賀県立博物館・美術館

博物館と美術館がくっついてる、なかなか珍しい施設です。そして常設展無料。いつもの博物館・美術館と違った点がいくつか有り、ちょっと混乱しました。


迷路のような施設

まず入り口がわからない。左が博物館、右が美術館でした。(しかし中は繋がってる)私は博物館から入って、まずどこから見れば良いのかわからず混乱しました。わかってしまえば、「おもしろい建物だなぁ」とため息が出ます。(日本建築学会賞・受賞)

設計は高橋 靗一さん

そんな施設を設計したのは、高橋 靗一さん。代表作は他に、大阪芸大、首都大学東京、群馬県立館林美術館など。館林美術館は一度行ってみたい美術館です。

1024px-GunmaMuseumOfArtWholeView

著作権者:竹太郎さんhttps://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/2/29/GunmaMuseumOfArtWholeView.jpg/1024px-GunmaMuseumOfArtWholeView.jpg

調べていたら、今年亡くなっていたことを知りました。本会名誉会員の高橋てい一先生ご逝去について

博物館は見応えあり

この博物館がきっかけで、日本全国の博物館へ行くようになりました。それまでは美術館に興味はあっても、博物館は子供向けの学習施設だと思って興味が無かったんです。

でも、ここの博物館でその考えは改められました。大人が見ても楽しい!たしかに学校の授業で見るようなものもありますが、大人になった今だとこれまで得た知識や昔と違った視点があって昔とは違った面白さを感じることが出来ました。

特にお気に入りは、徳川斉昭の手紙とムツゴロウに関する展示。

美術館は・・・

たぶん見てないです。博物館だけでもかなりのボリュームで、くるくるまわってるうちに気がついたら外に出てました。


周辺情報

佐賀城、徴古館、剣道で有名な私立龍谷高校などがあります。博物館に行った際には、是非佐賀城へ。珍しい平屋のお城です。私は日本の城で一番好きです。少し歴史を勉強してから行くと、より楽しめると思います。ボランティアガイドさんもいらっしゃいました。

佐賀駅から徒歩で行けないことは無いですが、思ったより遠かったのでバス・タクシーをおすすめします。


終わりに

1970年開館なのでトイレなどに古さ、というかレトロな感じがして好きな人には嬉しいかも。あと、夏に行ったのですが冷房がずーっとついてなかったので暑かったです。

冷房の有り難さが身にしみました。お客さんが多かったら変わってたのかな?今行くとまた違ったりするのかもしれません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク